• >
  • >
  • ヨーガと美容と健康と:3〜歩き方
Blog

ヨーガと美容と健康と:3〜歩き方

綺麗な姿勢がとれるようになったら、
歩くときも背筋をのばして、颯爽と歩きたいですね。
でも、やはり無理はいけません。

特に高いヒールの靴を履いて歩くのは、とても身体に無理を生じます。
不自然で、不健康な姿勢を取らなければならないからですね。
ですから、本当はハイヒールで歩くのは身体にはよくないですね。
もし、必要もしくは希望があるなら、それに耐えうる身体を造らなければなりません。

そのためには、背筋、腹筋、脚の筋肉がバランス良く付いていなければなりません。
そして、一番大事なのは、、、
腹筋です。
歩くには腹筋を使います。
腹筋で歩いて、脚はその下にぶら下がっている感じです。
間違っても、脚でのっしのっし歩くわけではなりません。
太腿も、ふくらはぎも、それほどに使わないのです。

腹筋で歩く?
これは、腹筋が備わっていないと出来ません。
頭の中で、腹筋を使って歩くのだと思っても、、、無理です。
腹筋で歩くといっても、腹筋運動のように腹筋に力を入れるわけではありません。
腹筋から動かす、という感じでしょうか。
一歩一歩、毎回意識して腹筋から脚を動かすというのは至難の業でしょう。

でも、歩けるようになると、
ほんとに腹筋で歩いていることを実感出来ます。
そうなって来ると、意識としては腹筋から先が脚ですから
脚の感覚がとっても長くなります。
腹筋で歩くといっても、その姿勢を形作って支えるのは全身の筋肉です。
腹筋で歩ける人は、背筋も胸筋もバランス良く付いていますから背筋も伸びています。
自然に颯爽と歩いています。character6

ということで、ハイヒールで颯爽と歩くというのは可能なのですが、やはり身体にはよくはありません。
『今日は極める!』という日に、短い時間だけ履くようにした方がいいかもしれませんね。
その他の日は、脚に優しいウォーキングシューズで颯爽と歩きましょう!

以前6、7年前、60歳くらいの女性がヨガを始めたいとやって来ました。その方は、ただ健康増進を目的としていました。ところが、ヨーガを続けて2年の事です。O脚が治って、膝がつくようになりました。お腹の筋肉、お尻の筋肉、太ももの筋肉、ふくらはぎの筋肉、足首の筋肉、その他諸々立って歩く筋肉全般が鍛えられその結果、O脚も治ってしまいました。
「60歳を過ぎて、人生初めて膝がくっついた!」そうです。よかった、よかった。

腹筋が弱い人、自分の腹筋を感じられない人、腹筋を動かし辛い人、
こういう人は、腹筋で歩くのイメージがつかみ辛いかもしれません。

腹筋を使わないと、他の筋肉にその分の仕事が回されて酷使されてしまいますね。
腹筋だけ弱くて他の筋肉は鍛えられている、ということは稀だと思います。
となると、細くて弱い筋肉が頑張らなければならない。
もしそこに脂肪が載っかっていたら、仕事はさらにきつくなるでしょう。
その上、骨がスカスカだったら、、、、オソロシイ。

背筋が伸びた姿勢も、颯爽とした歩きも、
全身の筋肉で支え行っています。
急がば回れ!
全身の筋肉を使って、鍛えて、
目指すところは、アンチエイジングですね!

全身の筋肉を使う
全身の筋肉を鍛える
腹筋で歩くようになる
歩くだけで腹筋を使う
とてもとても楽ちんに腹筋運動ができてしまう!!!
お腹周りは常にすっきり!
というスバラシイ循環が生まれます!