Blog

小さな選択肢

人は、それぞれ違う人生を歩みます。

誰しも、生まれたときは赤ちゃんですが、育っていくに連れてそれぞれ違った人になります。
どこで、どのように変わっていくのでしょうか?

大きな岐路の選択によって、人生が大きく変わるということは、確かにあるでしょう。
でも、それ以上に、ほんとうは毎日小さな選択肢を選んでいると思うのです。
その長年の積み重ねが大きな違いをもたらすのだと思います。

例えば、この棚の片付けは明日にしよう、と先延ばしにして、増々ごちゃごちゃな棚になっていくのと、
その棚を今日整頓してきれいな状態を保っていくのとでは、
1週間後、1ヶ月後とても違っていると思います。

なにか素晴らしい教えを聞く機会があったとして、
それを聞いても忘れるのと、
ただ聞いて知識として覚えるのと、
実行して自分のものにするのとでは、
1年後、10年後とても違っていると思います。

小さな選択を1つ選ぶと、またその先に小さな選択肢が枝分かれしていきます。
ちょっとずつの小さな選択の積み重ねが結果の違いを生み出すと思うのです。

素晴らしいことを成し遂げた人、
人が羨むような結果を出した人、
こういう人は、大抵小さな実行の積み重ねを日々こつこつと続けてきたのではないでしょうか。

小さな選択肢の積み重ねが大きな結果をもたらすのですから、
誰でも、いつでも、方向修正は可能なのです。
ただ、すぐには結果は出ないので、忍耐力が必要だと思います。
そしてそれは、孤独な我慢比べかもしれませんね。