Blog

木馬のカフェ

インド大使館のすぐ近くにそのカフェはあります。

お店の前に木馬がたくさん並んでいます。
気になりつつ、なかなかは入れないでいましたが、、、
今日、入ってみました。

木馬って、見ていて温かい気持ちになりませんか?

ほんの小さい頃好きだったお話し中に
立原えりかの「もくばのおいしゃさん」があります。

のんのんは、古くなって耳が取れた木馬です。公園にたくさんの木馬たちといるのですが、遊びに来る子供たちは、壊れたのんのんには乗ってくれません。
のんのんは、悲しくて、ある夜公園を抜け出しておいしゃさんを訪ねます。
おいしゃさんは、人間の病気しか治せないんだよ、と言って、のんのんを木馬作りのところへ連れて行きます。
木馬作りのおじいさんは、のんのんを見ると懐かしそうに喜んで直してくれました。おじいさんはのんのんを作った人だったのです。
修理してもらったのんのんは、元気にまた公園で仲間たちと一緒に子供と遊ぶ日々を送ります。

 

そんなお話を思い出していました。

思い切って入ってみたカフェ・ミエルは、

アンテークが溢れたとってもとっても素敵なカフェでした!

ぜひ、クリックしてご覧ください!

柱時計がたくさんかかっていて、コチコチ、カチカチ、チックチック、
それぞれに音を響かせています。
指している時間は、それぞれ違っています。
どうしてかな?

ちょっとずつずれて行ったのかもしれないけど、、、
それぞれが、違う時間を告げていると思いたい!

例えば、
一つはEarth Sea
もう一つはMiddle Earth
それからいくつかはLyra のParallel World
などなどの時間を示してる、なーんてね♪
と思いつつ、立ち込めるコーヒーの香りに包まれていました。
深みのある香り、ネルドリップかな?

 

オリジナルブレンドコーヒーをいただきました。
深みがあってコクがあってまろやかな「贅沢な一杯」でした。
カップも素敵!

 

次回は、「ミエルコーヒー」をいただいてみたい!と思っています。

 

café miel