Q&A

Yoga Smrti(ヨガスムリティ) 代官山 にいただく質問をご紹介します。
この他にも気になる点がありましたらお気軽にお尋ねください。

Q&A

何ヨガですか?

ヨガスムリティ代官山では、伝統的ヨーガとヨーガセラピーに基づいたヨーガを行っています。

伝統的なラージャ・ヨーガとは

インドに古くから伝わるヨーガです。パタンジャリがヨーガ・スートラに編纂しました。それをラージャ・ヨーガ(またはアシュタンガ・ヨーガ)と言います。

ヨーガ・セラピーとは

1924年スワミ・クヴァラヤーナンダによってインド・マハラシュトラ州ロナワラに設立されたカイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所で伝統的なヨーガの科学的な研究が始められました。その後、インド中央政府は4つの研究教育機関を認定してヨーガの研究を支援しています。ヨガスムリティではその一つ、sVYASAヨーガ研究財団のメソッドによるヨーガセラピーを行っています。


どのような内容ですか?

アーサナ(ポーズ)、呼吸法、瞑想を行い、自分自身の心身をコントロールする技を身につけます。

アーサナ

アーサナ=いわゆるポーズです。
ヨガのポーズは主にストレッチではなく筋トレです。
アーサナの行じ方にもヴァリエーションがあります。

  • ブリージングエクササイズ(呼吸と動きを同調させる/アーサナに呼吸法をプラス)
  • アイソメトリック・アーサナ(等尺性運動で負荷掛けをする筋トレ)
  • スロートレーニング・アーサナ(アーサナをスロトレで行う)
  • アイソトニック・アーサナ(等張性運動で筋トレ+心肺機能もアップ)

呼吸法=プラーナヤーマ

呼吸、それは私たちが、24時間365日、絶えず行っている生命活動の根本です。
意識している時も、無意識の時も、眠っている時も。
呼吸をする→体の中で代謝が起こる
→無意識の呼吸が効率が良い→代謝が良い→健康/アンチエイジング!
→無意識の呼吸の効率が悪い→代謝が悪い→問題が起きてくる/エイジング(老化)

呼吸は心と繋がっています。
心が穏やか→呼吸がゆっくり
怒っている・興奮している→呼吸が荒くなる

ご自分の呼吸をコントロールする→身体と心の健康をコントロールすることにつながります。

瞑想

あなたご自身のインナーワールドツアーです。
自分の心と身体を見つめると、これまでと「違った自分」「違った景色」が見えてきます。
ヨガスムリティでは、いろいろな瞑想法が実習できます。

  • シュラヴァナ瞑想
  • ベーダ瞑想
  • アヌサンダーナ瞑想
  • MBSR(マインドフルネス)瞑想
  • 心観瞑想
  • アナパナ瞑想
  • ヴィパッサナー瞑想 などです。

身体が硬くてもヨガは出来ますか?

ヨーガ=アクロバティックなポーズを作ることと誤解されている方がいらっしゃいます。
ヨーガで作るしなやかな身体は、決してコンニャクやタコのような柔らかさではありません。柳の枝、革の鞭のような、硬くてしなやかな身体を目指しています。人はそれぞれ体型も体格も違います。それぞれのパーツの長さ大きさが違います。ヨーガでは、ご自分自身の身体に緊張と弛緩をを与えることで、ご自分自身に必要なしなやかさを手に入れることができるのです。


全くの初心者ですが大丈夫でしょうか?

ヨーガは老若男女誰にでもできる心身の健康法です。それぞれ今の自分自身と向き合ってそれぞれに必要な、また有効なヨーガを行うことができます。むしろ慣れてしまってなおざりになって効果が薄れるという危険性もあります。全く初めての方も、どうぞご心配なくお始めください。


以前ヨガをしていましたが全く筋肉がつきませんでした。
ヨガで筋肉はつくのですか?

残念ながら、ヨーガ=ストレッチと誤解されている方がいらっしゃいます。ゴムを想定してください。伸ばして伸ばしてストレッチを続けると、、、伸び切って元に戻らなくなります。下手をすると千切れてしまうかもしれません。筋肉も同じです。負荷掛けで筋トレをしながら緊張と弛緩を与えしなやかに鍛えていく、それがヨーガです。
ヨーガの筋トレは、ご自分自身の持てる力で負荷掛けをしますから、ムキムキにはなりません。
ヨーガでは、ご自身にとって適正な筋肉がつき、脂肪が燃焼し、均整のとれた体型を作り、それを保つことができるようになってきます。


ヨガをするとメンタルが強くなると聞きましたが、何故ですか?

多くの心身症が私たちを蝕んでいます。また、今日では多くのストレスを抱え、心身を病んでいる人も多くいます。ヨーガは、アーサナ(ポーズ)、呼吸法、瞑想を行うことで、心身をコントロールできるようにする技です。
私たちの心と身体は密接に関連しています。身体の具合が悪いと気持ちも落ち込みますし、心が病んでいると身体面での不調が起きてきます。この常に相関関係にある心と身体にソマトサイキックアプローチで働きかけ、心と身体に効果を発揮します。
つまり、アーサナをする、呼吸法をするとき、身体に働きかける→身体と心に効果が出る
瞑想をするとき、心に働きかける→心と身体に効果が出る
ということになります。

ヨガスムリティでは、アーサナ、呼吸法、瞑想の全ての過程において「気づき」の状態を保ち「今ここ」に集中できるプログラムになっています。
「今ここ」に集中することで、ストレスマネジメントが出来るようになってきます。また、自分自身の客観視ができるようになることで、ストレスのみならずトラウマも克服できる場合があります。そして、心を穏やかな状態に保つことは、折れない心、レジリエンスを高めます。
私たちを苦しめるストレスやトラウマは、心の問題ではありますが、これらは「心」「脳」「身体」のつながりの中で関わり合い作用しているものであると言われています。ヨーガは、これら「心」「脳」「身体」を一体に健やかにしていく智慧ですから、メンタルもしなやかに強くなっていくのです。