• >
  • >
  • Maison de Cerisier(メゾン・ド・スリジェ)
Blog

Maison de Cerisier(メゾン・ド・スリジェ)

スタジオ近くの隠れ家フレンチレストランのテイクアウトのデリです。

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%aa%e8%bf%91%e3%81%8f%e3%81%ae%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%812016-10-21

メイン=自家製鶏ソーセージ 雑穀米ご飯
サイド=たっぷり野菜のミックスサラダ
スープ=さつまいものポタージュ

メゾン・ド・スリジェには、いろいろ「自家製」があってとてもそそられます。
今日のメインに選んだ「自家製鶏ソーセージ」もずっと気になっていつつなかなか食べてみなかったものです。
ハーブが程よく効いてさっぱりしたお味です。

実は、私、その昔、自家製ソーセージ作りに凝っていた時期があります。
村上信夫シェフの本
「村上信夫のおそうざいフランス料理」と「村上信夫のおそうざい挽き肉料理」を愛用していました。そこに、腸詰ソーセージもいろいろ載っていました。
村上先生がおっしゃるには、「お肉より安いハムやソーセージなどはおかしい。手間暇かかるものであるのに、材料より安いはずがないでしょう。」というようなことをおっしゃっていました。
そうだ!目から鱗だ!加工肉はお肉より高くてしかりなのだ!と、納得したものです。
材料がシンプルなハム、ベーコン、ソーセージなど、いいお値段しますものね。

村上先生は、そのご本の中で、「この本は棚に大事に飾っておくことのないように。いっぱい使ってお汁などが飛んで濡れたりボロボロになったりしてこそ料理の本です。」というようなことも仰っていました。私、素直なのでご本をその通りに使いこなし、使い込んで、ボロボロになり、とうとういつか捨ててしまいました。
どんなにボロボロでも撮っておけばよかったな、と時々思い出します。

 

メゾン・ド・スリジェ
http://www.m-cerisier.com/