• >
  • >
  • ドットール・ヴラニエスのディフューザー
Blog

ドットール・ヴラニエスのディフューザー

代官山駅を降りてスタジオに向かう途中に
ドットール・ヴラニエスのお店があります。

お店の前にとても大きなディフューザーがおいてあって、
あたりに香りを放っています。

%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%99%e3%82%a7%e3%83%a9%e3%83%8b%e3%82%a8%e3%82%b9%ef%bc%92

私も、スタジオでLAVANDA TIMO(ラヴェンダー タイム)を使っています。

でも、微かに香って欲しいので、何か方法はないかな?と思案していましたが、
ある日突然!
「そうだ!何年も前から頂いたっきり使っていないデキャンタがある、使ってみよう!」と思い立ちました。

%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%99%e3%82%a7%e3%83%a9%e3%83%8b%e3%82%a8%e3%82%b9 これで、微かに香りが漂うようになりました!

通常2〜3ヶ月で使い切る量なのですが、3ヶ月経ってもまだかなりあります。

 

 

このデキャンタ、あまりにも重たくて、あまりにも安定が良すぎて、なかなか使えなかったのですが、ディフューザーになってくれました。

 

Dr.Vranjes
http://drvranjes.jp/